本文へ移動

ショートステイ

ショートステイとは?

ショートステイは、在宅介護をしていると介護する側の体調不良や、急な用事で家を空けるといった理由で、一時的に介護ができなくなる事があります。そんなときに一時的に施設に入所し、介護サービスを受けることができるものです。
短期入所生活介護ともいわれ、要介護の高齢者が数日~1週間くらいの短期で施設に入所できるサービスのことです。介護保険でご利用できるのは最長30日間となっており、31日目の利用料は全額自己負担となります。

ショートステイを利用できる人

要支援1~2、要介護1~5の認定を受けた人はショートステイを利用することができます。
ショートステイでは食事や入浴、排泄等のお手伝いといった日常生活の介護をはじめ、生活リハビリやレクリエーションのサービスも受けられます。
 

 

ご利用までの流れ

介護サービス(短期入所介護)利用までの流れ

1 利用者・介護者

担当のケアマネージャーにサービスの利用について相談してください。

2 担当ケアマネージャー

担当ケアマネージャーはサービス事業者と連絡をとり空き情報の確認と利用申込及び情報提供を行ないます。
 
担当ケアマネージャーを届け出ていない場合は、「ケアプランセンターにらがわの里」までご相談ください。
ケアプランの作成を始め、利用者・介護者に代わってサービス機関との連絡調整を行います。
【ご相談受付先:TEL.0276-25-5670】

3 介護サービス事業所相談員

サービス事業所の相談員が利用者宅を訪問し「状態把握・担当者会議・利用契約等」を行ないます。
介護サービスの利用

お問い合わせ

0276-60-5976
受付時間 8:30~17:30
TOPへ戻る